社交辞令はマイナスの印象です

「メル友になって!今度連絡するから」とメールアドレスを聞き出しておいて、まったくメールしてこない人っていますよね。
これは「そのうち食事でも」という社交辞令に似ています。
口でいうだけで実現しないのです。
このようなメールアドレスを聞くだけ聞いて連絡もしない人は、実はメル友が作りたいのではなく「メル友のアドレスが増えた」という事実がほしいのです。
メル友として色々やりとりするのを望んでいるわけではなく、電話帳に多くの人をおさめたいという自己満足のためにメルアドをゲットしているのですね。
こういう人はよく「私メル友多いの」と自慢している人が多いです。
メル友とよべる実績があれば問題はないのですが、電話帳に登録されているだけの形だけのメル友が多いのです。
せっかく教えてあげても、あなたが相手の電話帳のこやしになるだけですね。
しかし、自分を振り返った場合、家族や仕事仲間を除いて連絡先はしっているのにまったく連絡を取らない人って結構多いですよね。
最初はメル友としてメールのやりとりがあったけど、自然と縁遠くなってしまった人などもいるでしょう。
色んなケースがあるとは思いますが、大人の対応として自分からメル友にアドレスを聞いた場合は、1度くらいはメールを送るようにしたほうがいいですね。
食事などの社交辞令と違い、メールでの社交辞令はあまり印象がよくありません。
1度メル友にメールしてその後続かないというケースもあるでしょうが、まずは1度メールしてみましょう。

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ