絵文字の使い方に気をつけよう

あなたはメル友にメールに絵文字を使いますか?
若い世代ではメールに絵文字を使うのは当たり前とされているようですが、慣れていない世代にとっては絵文字を使うのも一苦労です。
しかしそういうメル友も自分が受信したメールに絵文字が使ってあると嬉しく感じる人が多いようですね。
若い人たちはメル友にメールに絵文字があるのが当たり前なのでたいした感動もないでしょうが、不慣れな人にとっては真新しいので新鮮にうつるのです。
絵文字初心者にオススメのメールはやはり顔の表情を表した絵文字ですね。
メールの内容によって使い分けが簡単ですから、笑っている顔文字や涙の顔文字などは効果的に挿入できると思います。
ここで取り扱い注意なのが、「ゴメンナサイ」の絵文字です。
よく使うメル友もいるのですが、使い方を間違うと悪いと思っていないのではないかと勘違いされてしまいます。
絵文字はメル友によって捉え方が違うので、使う場合は相手がどんなスタンスなのかを把握してから使いましょう。
相手が絵文字入りのメールをしたらこちらも使うといった感じがいいと思います。
しかし時に絵文字は言葉より有効に気持ちが伝わることがあります。
笑っている絵文字ひとつでメル友からの好意を嬉しく感じたり、関係が良好になったりもします。
相手にあわせて絵文字を選ぶこと、大事なシーンで絵文字に逃げないなどの注意をすれば問題はないでしょう。
褒める時やお礼などで絵文字を使うのはおすすめです。
照れくさいような言葉でも絵文字があれば言えてしまう場合もあるので、効果的に使ってくださいね。
好きなメル友からのメールはずっと保存しているというメル友もいるので、たかがメールと思わずに1つ1つ作成しましょう。

関連記事

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ